避妊対策に低用量ピル

アフターピルとは

アフターピルとは

アフターピルとは、性行為後に飲む避妊薬となります。避妊と言えば、一般的なものと言いますと、コンドーム、低用量ピル、など、性行為前に使用するものが日本ではポピュラーとなっています。もちろん、確実に妊娠を希望してないのであれば、コンドームなどの避妊具と併用して低用量ピルを服用しているのがベストになります。しかし、どうしても避妊に失敗してしまったなど、性行為後に緊急用としてアフターピルは服用することもできます。

代表的な薬でアイピルという治療薬があります。この薬は、ノルレボのジェネリック医薬品となります。現在では、ジェネリックを進める病院や医師なども多くなってきていますが、少し前まではジェネリックという言葉が聞きなれないため、抵抗のあった方もいらっしゃるかもしれません。新薬とジェネリック薬では、有効成分は全く一緒ですので効果は一緒です。そして、ノルレボより安く購入できることから、今ではアイピルのほうがメジャーになってきているかもしれません。

服用方法とその効果

服用方法とその効果

性行為後に服用することにより、体の中のホルモンを乱れさせて子宮内膜をはがしてくれます。通常体のことを考えるのであれば、ホルモンは安定させたほうがいいのですが、受精させないためにわざと安定させないことにより妊娠を防ぎます。

性行為後24時間以内で95%の確率で妊娠を防ぎ、72時間以内ですと75%の確率で防いでくれます。かなりの高確率で避妊してくれるのですが、毎回飲めことは避けた方がよいです。ホルモンを意図的に崩しているわけですので、身体的にはかなりの負担がかかっているからです。そのため、継続して服用するのはお勧めしませんので注意しましょう。

妊娠を希望してないのであれば、やはり避妊具と通常服用する低用量ピルが確実ですのでそちらをお勧めします。ピルですと100%に近い99%避妊してくれます。そのため、アフターピルはお守り的なものなので、本当に困ったときに服用しましょう。

アフターピルの購入方法

>アフターピルの購入方法

病院でももちろん、処方してくれますが、恥ずかしいという方や、病院へ行くのがめんどくさいという方は、最近ではインターネットで販売してくれたり、個人輸入、輸入代行など色々な手があります。望まれないで生まれる子供を増やさないためにも、行為後に服用できる避妊薬を知っておいても損はないのでしょうか。