避妊対策に低用量ピル

病院での低用量ピルの処方

病院での低用量ピルの処方

はじめての処方を受ける前に気になるのが薬代だと思います。用量によって病院処方のピルは価格が異なってきます。中用量ピルであれば保険の適用を受けることができるので、一般的な病気と同じように保険の範囲、つまり3割の負担で1ヶ月分(21錠)1シートを処方してもらうことができます。

しかし、低用量ピルに変わると保険の適応を受けることができないので、1シートあたりの金額が3000円前後してしまいます。1錠あたりが大体、140円前後であることが分かります。例えば1年間の服用となると36000円くらいになります。

感覚的にはインフルエンザの予防注射1回くらいの価格になりますが、少し割高となっています。なぜ中用量と低用量で保険の有無があるのかは分かりませんが、非常に曖昧な線引きだと思ってしまう人もいると思います。しかし処方費用を大きく減らすこともできます。

個人輸入代行サイトで購入する

個人輸入代行サイトで購入する

現在、もっとも低用量ピルを安く購入する方法が個人輸入代行サイトを利用する方法です。個人輸入とは、海外から薬を直接輸入することです。代行サイトを利用することで、難しい個人輸入を代わりにおこなってくれるので、どなたでも簡単に薬の個人輸入ができます。また、代行サイトから注文を行う際は、ほとんど通常の通販サイトでの買い物と同じため、難しいことはありません。

個人輸入で購入する際の大きなメリットは、価格の安い海外の医薬品やジェネリック薬を購入できることです。ちなみに低用量ピルがいくらで販売されているかと言うとおおよそ1300円前後となっています。まとめて半年分を購入すれば、1ヶ月分をさらにお得にすることもでき1100円ほどで購入することもできます。薬代以外にかかる費用としては、配送料となりどこも一律1000円ほどになっています。病院処方の半分以下の価格で同じ薬が購入できるので、かなりオススメです。

「薬代を抑えたい」「服用する事を他人に知られたくない」などと感じている人にも最適なのではないでしょうか。